2019年1月 地震保険料改定


お金・ローン・税金, 不動産取引ガイド, 購入

地震が多発している事もあり、地震保険には加入される方も多いかと思います。
その地震保険料が、2019年1月に改定されます。
前回の改定(2017年1月改定)以降、3段階に分けて地震保険料の改定を行うこととしており、今回は2段階目であり、全国平均で約3.8%の引き上げとなります。
既に地震保険に加入されている方はもちろんですが、これから住宅購入をされて火災保険・地震保険に加入される方は、3段階目の改定前までに加入しておくと多少はお安く保険に加入出来ます。
◆年間保険料の例
イ構造(マンションなどの耐火構造など)…▲15.8%~+14.9%
ロ構造(木造など)…▲14.5%~+14.7%
イ構造では保険期間1年、地震保険金額1,000万あたりで見てみると、+14.9%となっている福島県では1,100円の値上げ、-15.8%となっている愛知県・三重県・和歌山県では2,700円もの値下げとなっております。
値上がりするエリアの方はまとめ払いをされる方も多いかと思います。保険料は月払いよりも年払いや複数年払いの方がお得になります。
今回の改定では、まとめ払いに影響する「長期係数」も見直しされました。

1年でみると大きい金額ではないかもしれませんが、35年間地震保険に加入したとすると、少しでもお安く加入できた方が良いに決まってます。
それと同時に火災保険の見直しなども行ってみるのも良いかもしれませんね。

朝日リビング 法人営業課 小松淳一
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

不動産の情報は・・・不動産会社は不要になった!!
「全ての物件情報」が「AI評価」付きで「24時間以内」に届く画期的サービス

(ご利用は無料です)

1 全ての不動産情報が届く
ご希望の条件に当てはまる「全ての不動産情報」をお届けします。
売りたい物件情報だけを渡してくる不動産会社はもう要りません。
2 AI評価書付き不動産情報
不動産の良し悪しは、不動産情報に記載されている内容でほとんど判断できます。良い情報も必要ですが、住宅購入に際してはネガティブ情報こそ必要な情報です。お届けする不動産情報には、ビックデータを用いて定量的な判定をしたAI評価書が付きます。

3 毎日24時間以内にお届け
人気の物件がすぐ成約するのは当然です。担当営業の探索不足で、不動産情報を得られなかったら大きな損失ですね。「ロボット」が「確実に」売り出しから24時間以内に物件情報をお届けすることで、買い逃してしまうリスクを大幅に軽減します。

(ご利用は無料です)

※「火曜日」「祝祭日前日」「夏季休暇中」「年末年始」等に売り出しになった物件について、情報のお届けが一部24時間を超えることがあります。

■不動産の資産価値やリスクをAI(人工知能)が瞬時に判定■
不動産事業者は良い情報ばかり伝え、悪い情報を正確に伝える事業者が少ないと思います。
​セルフィンは、ビックデータやオープンデータをベースに機械学習を繰り返し、不動産の最適価格やリスクなどを瞬時に判断します。
セルフインスペクションアプリ「SelFin」
(ご利用は無料です)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

投稿日: 2018-12-20